韓国国立公園の楽しみ方

ベスト探訪コース

伽倻山
所要時間(上り)約2時間30分、(下り)約2時間10分
距離(片道) 4km
難易度
コース区間海印寺入口~トシンコル~伽倻山(象王峰)頂上
国立公園の紹介リンク
コース詳細
海印寺・一柱門を過ぎ龍塔禅院の方に向かうと、龍塔禅院から右に探訪路が現れる。探訪路周辺では、春はカタクリ、夏はツリフネソウ、秋はキミスレなどの野生花が咲き、松林が鬱蒼として茂っている。龍塔禅院を出発して1時間までのルートは気軽に登れる。険しい区間がほとんどなく初心者にも簡単だが、その後のコースはかなり難易度が高くなる。しかし自分のペースを守れば、心配するほどのコースではない。さらに30分ほど登ると、宝物第264号に指定された石造如来立像が現れる。
この立像は典型的な統一新羅時代の如来立像の形を示している。この像からさらに30分ほど登ると、伽倻山頂上が現れる。この区間が比較的難しいコースで、安全に最大限気を配る必要がある。
象王峰は又の名を「牛頭峰」ともいうが、これは象王峰頂上の形が牛の頭に似ていることから名付けられた。
象王峰頂上は岩盤なので足許に注意しなければならない。頂上に設置された景観解説案内標識と見比べながら伽倻山の連なる峰々を見渡すのも楽しい経験である。
他の探訪コースを見る
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP