韓国国立公園情報
タイトル 太白山国立公園事務所の開所 本格的な業務開始
作成 Knp 追加日 08.29.2016 閲覧数 483
Attachments :
太白山国立公園事務所の開所 本格的な業務開始


□ 国立公園管理公団(理事長:パク・ボファン)は8月22日、太白山国立公園事務所(所長:キ厶・ジングァン)が開所し、本格的な業務を開始したと述べた。

○太白山は、道立公園に指定されてから27年ぶりにエリアを拡張し、今年の4月に韓国第22号の国立公園に指定された。国立公園区域は、△江原太白市51.2㎢、△江原寧越郡0.1㎢、△江原旌善郡0.9㎢、△慶尚北道奉化郡17.9㎢など、計70.1㎢に登り、従来の道立公園(17.4㎢)の4倍に達する面積である。


□ 太白山国立公園事務所は、今年の後半から始まる自然資源の調査を通じて太白山の全体的な資源の現状を把握し、探訪路の整備、落葉松の樹種更新事業など、生態復元事業を実施する予定である。

○ また、太白山の豊かな生態および文化資源を活用し、エコツーリズムと探訪文化の改善のための試験公園の造成を進め、関連機関と住民代表などが参加する「地域協力委員会」の構成により地域社会と共に公園の管理を進めていく予定である。


□ キム・ジングァン太白山国立公園事務所長は「国立公園指定が太白山の天然資源を体系的に保護するために貢献し、地域の発展に役立つことができるように従業員と共に最善の努力を尽くす」と述べており、「地域住民の関心と協力を望む」と述べた。
Previous Next List
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP