韓国国立公園情報
タイトル 多島海海上など4つの国立公園、IUCNカテゴリーⅡの認証を受ける
作成 Knp 追加日 11.24.2009 閲覧数 855
Attachments :

多島海海上など4つの国立公園、IUCNカテゴリーⅡの認証を受ける

 

 

最近多島海海上国立公園など4つの国立公園(多島海海上、月出山、周王山、俗離山)IUCNカテゴリーⅤからⅡに変更認証を受けたことで、国際的に公認された国立公園は、従来認証を受けた智異山、雪岳山、小白山、五台山、月岳山国立公園を含む九つにのぼると、国立公園管理公団(理事長オム・ホンウ)は伝えた。

 

IUCNのカテゴリー化は1978年に考案されて以来世界の自然保護地域の分類に使われており、2004年マレーシアで開催された国連環境計画による生物多様性条約第7回締約国会議(UNEP CBD COP7)において、世界自然保護地域分類のための国際基準が公式に採択された。

 

2006年、OECD環境成果評価では、韓国のほとんどの保護地域の保護水準が実質と比べ低いカテゴリーに分類されている(カテゴリーⅣ、Ⅴ)と指摘された。これを受け、環境部と国立公園管理公団は国際的基準に適した国立公園(保護地域)の体系や管理システムを整えることで、国立公園国際認証事業を行ってきた。

 

とくに、今回はカテゴリー変更認証の妥当性を検証するため、IUCN側はIUCNアジア保護地域プログラムチームチーフなど、4人の実査団が921日から24日まで4つの国立公園の現場実査を行った後に国際的国立公園として認証を受けているので、その意味は大きい。

 

管理公団は今回の成果について、国際社会が韓国の国立公園の資源価値や管理努力を評価したことで、国際的地位が高まったことに大きな意味があり、現時点ではカテゴリー変更による公園管理の政策変化はとくにないと説明した。

 

管理公団対外協力室長のチェ・ジョングァン氏は、「今回の認証は保護地域の管理効果性評価(MEE)など、IUCNとの持続的交流・協力、国際社会の環境に対する関心への積極的参加など、総合的な努力による結果」であり、「今後、韓国の国立公園の70%以上がIUCNカテゴリーⅡ(国立公園)へ変更認証が受けられるよう努める」と述べた。

 

出典:国立公園管理公団
Previous Next List
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP