韓国国立公園情報
タイトル 登山中に登山靴が壊れて困った時、ご心配入りません
作成 Knp 追加日 04.25.2011 閲覧数 815
Attachments :

登山中に登山靴が壊れて困った時、ご心配入りません。
- 智異山・雪嶽山の主要避難所で登山靴を無料レンタル -

- 智異山(チリさん)と雪嶽山(ソラクさん)を縦走する途中、登山靴の靴底が取れてしまったらとても戸惑ってしまいます。国立公園管理公団(理事長 オム・ホンウ)は智異山と雪嶽山でこのような急な出来事に遭遇する探訪客が毎年、約100名にものぼっているため、登山靴のレンタルサービスを施行すると明らかにした。
  ○ 公団が運営する智異山の主な避難所には登山靴が壊れて助けを求めるケースが昨年だけでも80件にのぼる。そこで公団はこれを解決するため昨年、中古の登山靴を集めて智異山の煙霞泉(ヨンハチョン)避難所でレンタルサービスを試験的に実施したところ、好評をいただき、これを拡大施行すると明らかにした。
  ○ レンタルサービスは智異山の老姑壇・煙霞泉・碧宵嶺・細石・ジャントモク避難所と雪嶽山の中青避難所・將帥臺分所など総7ヶ所で実施する。レンタルを希望する場合は避難所の職員に住所と連絡先を記入し、家に帰って郵便で返却すればいい。レンタル料は無料だ。

- 一方、公団のサービスに必要な登山靴200足はソウル市連盟と韓国自然公園協会からの寄付である。

- 公団のソン・ドンジュ緑色探訪部長は“登山靴の無料レンタルはお困りの探訪客を助けるためのもの”だといい、“返却率は80%程度で、もっとたくさんの方々を助けるためにも必ず登山靴は返してほしい”と呼び掛けた。

Previous Next List
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP