韓国国立公園情報
タイトル 山行において最も危険要素である心臓疾患の対処方法とは
作成 Knps 追加日 05.19.2015 閲覧数 864
Attachments :

野外活動が大きく増えるに伴い,日中気温の変化が激しい5月から6月の山登りは心臓疾患による事故に細心の注意が必要です.

 

2010年から2014年にかけて国立公園において発生した事故のうち死亡事故124件について調べた結果,心臓疾患による死亡事故は60件であり、全体の48%を占めていることがわかりました.

 

心臓疾患に対処し,安全な山行のために出発前必ずご自身の体力と健康状態に合うルートをお選びいただき,ストレッチなどの十分な準備運動が必要です.

 

また,お連れの方とペースを無理に合わせず,お疲れのときは登りルートの所々にある休憩所で十分休憩を取ることが事故防止につながります.

Previous Next List
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP