韓国国立公園のご紹介

多島海海上国立公園

  • 国立公園のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通情報
  • 宿泊情報
  • 地域情報
公園の紹介
多島海海上国立公園

西南海岸と海上に分布する、韓国最大の国立公園である。1981年、14番目の国立公園に指定された。面積は約2,321.2㎢(陸地334.8㎢、海上1,990.4㎢)に達する。

温かい海洋性気候の影響で生態的保護価値の高い常緑樹林があり、過去の火山活動によって形成された島や奇岩は独特な美しさを保っており、保存価値が高い。

多島海海上は温暖多湿の気候により、椿の群落に代表される常緑広葉樹林帯をなしている。植物は1,541種、動物はほ乳類11種、鳥類147種、昆虫類885種、両生•は虫類13種、海洋魚類154種、淡水魚類11種、絶滅危惧種としてナタオレノキ、カワウソ、青大将、風蘭などが棲息している。

ギトデジョン紹介
風蘭
Neofinetia falcata (風蘭)
韓国種植物
風蘭
- 英名 Sickle Neofinetia
絶滅危惧種Ⅰ類、国際的絶滅危惧種Ⅱ(CITES)
- 棲息地 南部地方の岩や木に寄生する。
- 形の特徴 葉は広く線形であり、弓のように垂れている。
- 生態的特徴 常緑多年草。花は7月に開花し、白い花が美しい。香りが良いので観賞用として使われていることから、個体数が急激に減っているので保護が切実である。
スナメリ
Neophocaena Phocaenoides (スナメリ)
スナメリ
- 英名 Finless Porpoise
国際的絶滅危惧種Ⅰ類(CITES)
- 棲息地 水深20~50m、海岸線から5~6km以内の浅瀬
- 形の特徴 体長1m以内。背びれがなく、胸びれは卵の形をしている。体色は全体的に黒。
- 生態的特徴 単独行動をするが、希に子を連れている姿が観察される。あまり研究が進められていない種で、持続的なモニタリングが必要である。
- 餌 甲殻類、魚類、イカ・テナガダコなどの頭足類
公園の利用お問い合わせ先のご案内
多島海海上国立公園事務所
- 住所全羅南道 莞島郡 莞島邑 ケポ里 1240-8 (537-802)
- 電話番号+82-61-552-3386, 554-5474
- ファックス+82-61-554-0102
- メールtadohae@knps.or.kr
多島海海上国立公園西部事務所
- 住所全羅南道 木浦市 統一路 84 (玉岩洞 1091-5 ) 〒(530-831)
- 電話番号+82-61-284-9113, 9115~6
- ファックス+82-61-284-9129
- メールtadohae_w@knps.or.kr
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP