韓国国立公園のご紹介

伽倻山国立公園

  • 国立公園のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通情報
  • 宿泊情報
  • 地域情報
公園の紹介
伽倻山国立公園

韓国南部の内陸山間地域に位置する名山。1972年、国立公園第9号に指定された。伽倻山は昔から海東の十勝地の一つ、朝鮮八景の一つとして名高い。公園面積は約77㎢、慶尚南道・陜川郡と居昌郡、慶尚北道・星州郡にまたがる。主峰の象王峰(1,430m)が牛の頭に似ていることから「牛頭峰」とも呼ばれる。伽倻山には灰長石が織りなす山岳の景観と花崗岩が織りなす河床景観が同時に見られる。

仏教の聖地である伽倻山には、八万大蔵経を所蔵する海印寺、紅流洞渓谷などの名勝・古跡があり、昔から知徳を備えた山として崇められてきた。

伽倻山には植物590種、ほ乳類22種、鳥類61種、両生類11種、は虫類5種、昆虫423種が棲息しており、18種の韓国種動植物、マツバユリ、ツマトリソウ、ヤマシャクヤクなど10種の環境部指定絶滅危惧種がある。

ギトデジョン紹介
朝鮮トサミズキ
Saussurea pseudo-gracilis (伽倻山ホクチアザミ)
韓国種植物
伽倻山ホクチアザミ
- 棲息地 深山
- 形の特徴 葉の裏と花に銀粉をまぶしたような形をしたホクチアザミの一種。伽倻山ではじめて確認されたので、「伽倻山」という地名を戴いている。葉は三角形で葉先が細長く、葉元は心臓の形をしている。葉の裏には産毛のような白い毛が密に生え、8月に紫の花が咲く。
- 形の特徴 落葉樹の低木
- 生態的特徴 多年草
ツキノワグマ
Prionailurus bengalensis (ヤマネコ)
ヤマネコ
- 英名 Leopard Cat
- 棲息地 全国(済州島は除く)の高地または低地の森林、渓谷の周辺、ススキが多い地域など。都市の外郭のような多くの人が住む地域でも観察される。
- 形の特徴 体長50~58cm、猫より若干小さいかほぼ同サイズで、猫に酷似している。耳の裏は明るい黄色で一見白く見える。鼻から額まで白い二本の線が伸びている。
- 生態的特徴 夜行性であるが、昼にも希に観察されることがある。1950年代半ば以降、急激に減少。
- 餌 ほ乳類の小動物、鳥、昆虫類など
- 備考 猫の祖先はヤマネコの一種であるが、韓国種のヤマネコではなく、リビアのヤマネコであることが判明した。猫は水を嫌う習性があるが、ヤマネコは泳ぎが得意である。
公園の利用お問い合わせ先のご案内
伽倻山国立公園事務所
- 住所慶尚南道 陜川郡 伽倻面 旧源里 123-1 〒(678-892)
- 電話番号+82-55-932-7810, 7830, 7850
- ファックス+82-55-972-7773
- メールkaya@knps.or.kr
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP