韓国国立公園のご紹介

閑麗海上国立公園

  • 国立公園のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通情報
  • 宿泊情報
  • 地域情報
公園の紹介
鶏龍山国立公園

閑麗海上国立公園は1968年、韓国で4番目、海上公園としてははじめて国立公園に指定された。慶尚南道・巨済市・只心島から全羅南道・麗水市・梧桐島まで300里の船路には大小の島々と美しい自然景観が調和する海洋生態系の宝庫である。

尚州•錦山地区、南海大橋地区、泗川地区、統営•閑山地区、巨済•海金剛地区、麗水•梧桐島地区の全体面積は約545.63㎢であり、72.3%が海上の面積である。船路がもっとも美しいことで名高い閑麗水道は、69の無人島と30の有人島が宝石をちりばめたように散在している。

中生代堆積岩の丘陵性山地が北東と南西方向に伸びており、大小の岬や島々、半島へと続くリアス式海岸の特性が良く現れている。

主な樹種の松、黒松、椿、コナラ、アベマキやナゴラン、マヤラン、ミツガシワ、ショウコウミズキなど1,142種の植物が自生している。動物はカワウソ、ヤマネコ、アナグマなど25種のほ乳類と115種の鳥類、9種の両生類、16種のは虫類、1,566種の昆虫、24種の淡水魚が棲息している。


ギトデジョン紹介
アマモ
Zostera marina (アマモ)
アマモ
- 英名 Common Eelgrass
- 棲息地 浅い海(済州道、慶尚南道など).
- 形の特徴 葉は線形で長く、葉の縁は平らである。
- 生態的特徴 多年草の水中顕花植物。魚類の産卵場および甲殻類・軟体動物など海洋動物へ棲息地を提供し、波の強度を調節し、沈殿物を濾過して海を浄化する。
- 備考 生物に多様性をもたらし、環境汚染を解消するため、珊瑚礁(Coral reef)を含め、世界的に保護の必要性が強調されつつある生物。昔、海辺や川の入口でよく見られたが、沿岸開発による棲息地の毀損、陸上汚染源の流入などの影響で個体数や群落の大きさが大幅に減少している。
ヤイロチョウ
Pitta brachyura (ヤイロチョウ)
ヤイロチョウ
- 英名 Fairy Pitta
絶滅危惧種Ⅱ類、国際的絶滅危惧種Ⅱ(CITES). 2000年国際自然保護連合(IUCN)によりレッドリスト危急種(VU)に指定。天然記念物第204号
- 棲息地 暗く湿気の多い椿などの広葉樹林。済州島、巨済島、珍島などで繁殖し、たまに報告される。秋に京畿道地域で観察されることもある。
- 形の特徴 体長18cmで、緑、黒、赤、褐色など鮮やかな様々な色を持つ。
- 生態的特徴 警戒心が強く、なかなか観察されない。主に地面を歩き、餌を捜す。落ち葉が厚く敷かれ、ミミズの多い場所を好む。世界的に2,500~10,000羽が棲息していると推定されている。
- 餌 ミミズ、昆虫(甲虫目)、甲殻類など
公園の利用お問い合わせ先のご案内
閑麗海上事務所
- 住所慶尚南道 南海郡 尚州面 尚州里 634番地 〒(668-821)
- 電話番号+82-55-863-3521~2
- ファックス+82-55-863-3523
- メールhallyo@knps.or.kr
閑麗海上東部事務所
- 住所慶尚南道 統営市 鳳坪洞 120-3番地 〒(650-140)
- 電話番号+82-55-640-2400
- ファックス+82-55-646-9205
- メールhallyeo_e@knps.or.kr
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP