韓国国立公園のご紹介

智異山国立公園

  • 国立公園のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通情報
  • 宿泊情報
  • 地域情報
公園の紹介
智異山国立公園

1967年、韓国ではじめて国立公園に指定された智異山は、慶尚南道の河東、咸陽、山清、全羅南道の求礼、 全羅北道の南原など、3つの道、5つの市郡にわたっており、471.758㎢という韓国最大の面積を持つ山岳型国立公園である。

「智慧を持つ異人の山」という意味の智異山では、多くの隠者が修道し、精進してきた。また、昔から金剛山、漢拏山とともに、 三神山の一つとして数えられる民族信仰の霊地でもあった。

約320kmにもなる広さの智異山では天王峰(1,915m)、般若峰(1,732m)、老姑壇(1,507m)を中心に数多くの峰が屏風のように広がっており、約20の稜線の間には渓谷が位置している。

智異山は、4,989種の野生動植物が棲息する自然の宝庫であり、暖帯林から温帯中部林、寒帯林に至るまで、様々な植生が分布している山でもある。天然記念物の華厳寺のソメイヨシノ、臥雲・千年松やチョウセンノウサギ、ノロ、キバノロ、ヤマネコなどの珍しい動植物が棲息している。

ギトデジョン紹介
朝鮮トサミズキ
朝鮮トサミズキ (Corylopsis gotoana var. coreana)
朝鮮トサミズキ
- 英 名 Korean Winter Hazel, 絶滅危惧種Ⅱ級。韓国種植物
- 棲息地 全羅南道、全羅北道、慶尚南道、京畿道・白雲山など。智異山国立公園では求礼、泉隠渓谷、 山清大源寺渓谷、河東・大城渓谷、南原ペムサコル渓谷など、標高の低い地域で見られる。
- 形の特徴 落葉樹の低木
- 生態的特徴 4月に長い黄色い花が、葉より先に見える。智異山国立公園では、山の頂上ではなく、 山麓の日差しの良い場所で観察される。
ツキノワグマ
ツキノワグマ (Ursus thibetanus ussuricus)
ツキノワグマ
- 英名 Asiatic Black Bear
絶滅危惧種Ⅰ級。国際的絶滅危惧種Ⅰ(CITES)。天然記念物第329号
- 棲息地 雪岳山と智異山で観察されたという記録がある。
- 形の特徴 体毛は黒で、胸にV字の模様があるのが特徴である。
- 生態的特徴 体重は80~250kg。野生で、寿命は約25年と言われている。岩の洞窟や木の穴で冬眠をする。 韓半島に棲息する熊にはツキノワグマとヒグマがある。但し、 ヒグマは北朝鮮にのみ棲息すると言われている。
- 餌 どんぐり、木の実、山菜、ザリガニ、蜂蜜など
- 備考 現在、智異山国立公園では、ツキノワグマの復元事業が行われている。 智異山国立公園を代表する象徴種であり、国民的な関心の高い種である。
公園の利用お問い合わせ先のご案内
智異山国立公園 事務所
- 住所慶尚南道 山清郡 矢川面 糸里 922-18 〒(666-934)
- 電話番号+82-55-972-7771~2
- ファックス+82-55-972-7773
- メールjiri@knps.or.kr
智異山国立公園 南部事務所
- 住所全羅南道 求礼郡 馬山面 黄田里 511-1 〒(542-853)
- 電話番号+82-61-783-9100~2
- ファックス+82-61-783-9103
- メールchiri_s@knps.or.kr
智異山国立公園 北部事務所
- 住所全羅北道 南原市 山内面 浮雲里 山93-4 〒(590-852)
- 電話番号+82-63-625-8911~2
- ファックス+82-63-625-8913
- メールchiri_n@knps.or.kr
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP