韓国国立公園のご紹介

小白山国立公園

  • 国立公園のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通情報
  • 宿泊情報
  • 地域情報
公園の紹介
北漢山国立公園

1987年、18番目の国立公園に指定された。面積は322.383㎢で、山岳型国立公園としては智異山、雪岳山に次ぎ、三番目の規模である。 海抜1,439.5mの毘盧峰を中心に、国望峰(1,420.8m)、蓮花峰(1,383m)、兜率峰(1,314.2m)などの峰が白頭大幹の稜線に連なり、聳えている。慶尚北道・栄州、忠清北道・丹陽、江原道・寧越郡の境界と接する。栄州の喜方、竹渓の渓流は洛東江、丹陽の泉洞、於依谷、竹嶺、南川などの渓流は南漢江へと流れ込む。

退渓・李滉は「色とりどりに染められた絹の帳の中を歩いているようで、贅沢なお祝いの席に招かれた気分になる」と小白山のツツジの美しさを描写しているが、その景色を一目見ようと大勢の人が春の小白山国立公園を訪れており、冬は荘厳な白頭大幹が雪化粧に覆われ、絶景をなす。

小白山国立公園は高い稜線が長く続き、稜線の随所には草原と渓谷が広がっており、植物1,067種、動物2,639種が棲息する生態系の宝庫でもある。2007年、国際自然保護連合(IUCN)はその生態的保護価値を認め、IUCN-カテゴリーⅡ(国立公園)に指定した。

ギトデジョン紹介
モデミソウ
Megaleranthis saniculifolia (モデミソウ)
韓国種植物
モデミソウ
- 棲息地 高山渓谷の、湿気の多い森の中
- 形の特徴 多年草。茎には葉が生えず、花は白で、葉のような形をした苞の上に一個ずつ咲く。
- 備考 小白山国立公園の高地に、韓国で最多の個体数が自生する。
新種カワムツ
Zacco koreanus (新種カワムツ(韓国名チャムガルギョニ))
新種カワムツ
- 棲息地 臨津江、漢江、錦江、万頃江など西海に流れる川と洛東江など東海に流れる川
- 形の特徴 : 頭部は比較的大きい。産卵期には雄の体側は黄色、お腹はオレンジ色を帯び、口のまわりには固い突起が生じる。背びれの上部は白または黄色で、赤のカワムツとは異なる。
- 生態的特徴 2004年まではカワムツと思われていたが、2005年にチャムガルギョニと名付けられた。川の中流、上流の流れが緩やかなところで棲息する。
- 餌 水中の昆虫、水上に落ちた昆虫、川底や石に付着した藻類
公園の利用お問い合わせ先のご案内
小白山国立公園事務所
- 住所慶尚北道 栄州市 豊基邑 水鉄里 山86-51 〒(750-804)
- 電話番号+82-54-638-6196
- ファックス+82-54-638-8231
- メールsobaek@knps.or.kr
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP