韓国国立公園のご紹介

韓国国立公園は

  • 国立公園特別保護区とは
  • 特別保護区対象地域
国立公園内に保護する価値が高くなって人為的に自然毀損から保護の必要性があるヤサンドンムルソシクジ、野生の植物群落地、湿原、渓谷などの重要な天然資源の分布地域 に対する立ち入り通提灯の行為を制限する制度
国立公園トゥクビョルボホグラン?
  • '91年に初めて自然休息年制施行後、'06年から実施している第6期自然休息年制の対象地を中心に、絶滅危惧種の分布地域などの生息地の保護が必要な地域を追加して、
  • 保護の目的を中心に、対象地を再分類して整理して、"国立公園の特別保護区"に設定(2007年から施行)
  • 自然公園法第28条(立入禁止等)に基づき立ち入り禁止、違反者には同法第86条に基づき過料(50万ウォン)賦課
制度施行の背景と必要性
  • 最近の世界的に絶滅危惧種をはじめとする生物種が減少傾向にあり、国内の場合は、
    • -国立公園入場料廃止によるタムバンゲクの増加の影響
    • -絶滅危惧種の復元事業の拡大による生息地の管理の重要性の増加
    • -重要な生物種の保護の必要性など、
  • 国立公園の内外の周辺の状況が変化しているのが実情で国立公園内の様々な動植物の絶滅危惧種の生息地等
    保護地域特性別の分類および管理を通じて、体系的かつ特性化された管理のための"国立公園の特別保護区"施行
特別保護区の管理
  • 特別保護区の生態系の変化を観察するための定期的なモニタリングの実施
  • 監視の結果等の諸事項を確認し、毎年実施により、効果の分析
  • 案内標識には、アクセス管理施設等の保護施設の設置やホームページ等のPR活動の展開
  • 自然公園法第28条(立入禁止等)に基づき立ち入り禁止、違反者には同法第86条に基づき過料(50万ウォン)賦課
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP