韓国国立公園のご紹介

泰安海岸国立公園

  • 国立公園のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通情報
  • 宿泊情報
  • 地域情報
公園の紹介
鶏龍山国立公園

泰安海岸国立公園は1978年10月20日、韓国で13番目の国立公園に指定された。泰安半島南北の約230kmの海岸線には26の海水浴場が連なっている。全体面積は約326.574㎢であり、泰安郡と保寧市にまたがる。穏やかな海には72の島々が点々と浮かんでいるが、有人島は4つのみである。 昔から自然災害が少なく、温暖な気候、豊かな食料に恵まれ、地名は泰安と名付けられた。リアス式海岸にそって広がる干潟や砂丘、奇岩絶壁、大小の島々が調和し、西海独特の美しい景観を誇る。泰安海岸国立公園は様々な海岸生態系が共存する国内唯一の海岸型公園であり、保護価値が非常に高い。

泰安海岸は海、干潟、白浜、海岸砂丘、松林、背後の湿地や山地へと繋がる海岸生態系の軸が保たれているので、様々な動植物が棲息できる天恵の自然条件が整っている。動物1,195種、植物774種、海洋生物671種が棲息しており、カラシラサギ、Korean Golden Frog、カワウソなど絶滅危惧種17種とオシドリ、チョウゲンボウ、ホトトギスなどの天然記念物が含まれている。


ギトデジョン紹介
バイカモ
Ranunculus kazusensis (バイカモ)
バイカモ
- 英名 Chyousenbaikamo
絶滅危惧種Ⅱ類
- 棲息地 田圃、湿地など浅い水深域
- 形の特徴 中が空洞であり、節から根を下ろす。
- 生態的特徴 多年草。花は4~5月に咲き、直径1cmほどで色は白。江華道ではじめて発見されて以来、泰安海岸国立公園一円の3カ所で大量の棲息地が見つかり、注目を集めている。
ヒョウモンカナヘビ
Eremias argus (ヒョウモンカナヘビ)
ヒョウモンカナヘビ
- 英名 Korean Tiger Lizard
絶滅危惧種Ⅱ類
- 棲息地 海辺の砂浜、川の草地や砂丘
- 形の特徴 体長は15~20cmで、体にヒョウ柄がついている。全体的に体色が砂と類似しているのであまり目立たない。
- 生態的特徴 海辺、川辺の石の下、土、砂丘植物の根の部分に穴を空けて棲息。
- 餌 小さい昆虫、蜘蛛など
公園の利用お問い合わせ先のご案内
泰安海岸国立公園事務所
- 住所忠清南道 泰安郡 泰安邑 長山里 16-1 〒(357-907)   
- 電話番号+82-41-672-9737~8, 7267
- ファックス+82-41-672-4108
- メールtaean@knps.or.kr
  • QUICK MENU
  • 国立公園の位置
  • ベスト探訪コース
  • 気象情報
  • エコツアー
  • TOP